« 2019年5月 | トップ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日

夏越の大祓

20190630_4

2019年も、今日で半分が終わります。
6月30日は半年間の穢れを落とすための「夏越の大祓」の神事が、多くの神社で行われていますね。

船橋大神宮(正式名称・意富比神社)で毎年行われる、大祓という儀式に参加してきました。
紙で作った人型に名前などを書き、300円を納めると受けることができます。

20190630_2
この儀式では、配られた紙を見ながら、皆で大祓詞を3回音読します。
そして大幣(おおぬさ)で全員が一斉にお祓いを受け、帰りに神饌をいただけます。

下の写真がいただいた神饌。お米と乾物です。

20190630

明日からは、もう2019年後半…。
年齢を重ねるごとに、時間が過ぎるのが本当に早くなる!

今年前半は自分比で、それなりに充実していた半年間だったと思います。
気持ちを切り替えて、まるで新年のような新鮮な気持ちで、今年後半を迎えたいですね。

皆様にとっても、充実した楽しい2019年後半でありますように。

 

| |

2019年6月28日

プロフ写真の撮影

これから出版する本の、プロフィール写真の撮影がありました。
本の袖の部分に1カット載せるだけなのですが、わざわざプロのカメラマンさんを呼んでいただき、本格的に撮影していただきました。
有り難い…

20190628_1

20190628_2

これまで2~3年に1度のペースでプロの方に撮影していただいていますが、女性のカメラマンは初めて!
まだ確認はしていませんが、とても良い写真を撮影していただいたと思います。

20190627_1
ほとんど写らないとは思いつつ、一応このためにセルフジェルネイルも。
カジュアルな雰囲気ということで、シンプルです。

20190628

その後に出版社の方と編集の方との4人で、打ち合わせを行いました。
これから、多分最後の追加原稿を執筆し、初校をチェックします。
少しずつ、完成に向かって動いています。

| |

2019年6月23日

2019年も後半へ

46

癒し・健康情報のポータルサイトTRINITYにて、毎月2回ほどコラムを掲載させていただいています。
今回は、西洋占星術でみた2019年後半に行うと良いことを、12星座別で執筆させていただきました。
タイトルは、

「2019年も後半戦!星座別・やっておくべきことは?~ 2020年のグレート・コンジャンクションが訪れる前に~」

2020年は山羊座で木星・土星・冥王星という重要な星が重なり、ハードな運気となります。それを踏まえ、この2019年後半に何をすれば、良い2020年が迎えられるかということを書いています。

無料ですので、宜しければお読みになってみてくださいね。

⚾ ⚾ ⚾ ⚾ ⚾

さて…プロ野球ではセ・リーグとパ・リーグのチーム同士が戦うという交流戦が、もうすぐ終わります。
私は全てのパリーグを応援していました。今年もパ・リーグがセ・リーグに勝ち越し、嬉しいです!

先日、夫と ZOZOマリンスタジアムへ行き、ロッテを応援してきました。

20190623
前から2列目でしたが席が深いところにあり、低すぎて目線とグラウンドが平行していて、立体感がわかりにくかったです…💦
 
普段の試合以上に盛り上がり楽しかった3週間が終わってしまい、ちょっと寂しいですね。

| |

2019年6月19日

初夏のネイルと彩雲

少し大変だった本の執筆も無事に終わり、長く休んでいたセルフジェルネイルを2回施しました。

20190528

201905281

春のイメージに近く、ピンクをベースに。薬指だけ薄いベージュです。

201906101
20190610

ふと思いついて施したシルバーのラメグラデ。それにキャラクターシールを貼った簡単なもの。
やはりラメグラデは最も簡単で、40分程度で完成しました。

おまけとして、先日見た彩雲。かなり薄かったので色味を強くしてみました。
空で見たときはわからなかったのですが、写真で見ると右に向かって飛んでいる鳥のような形をしています!

20190618

| |

2019年6月14日

三峯神社に行ってきました

201906132

埼玉県秩父市の三峯神社へ、一泊で行ってきました。7年ぶり2回目の参拝です。

7年前に比べると、三峯神社は非常に有名で人気のある神社になりました。
本殿のすぐ隣に、興雲閣という宿坊があります。初めてそこに泊まりました。

バスで1時間ほどかけて山道を登り続けて到着するため、三峯神社はかなり高い位置にあります。バスで登り続けていくうちに見えるのは山々ばかりになり、次第に現実から離れた幻想的な雰囲気に…。

宿坊の窓から見える景色はこんな感じ。 ツバメがたくさん飛んでいて、鳥のさえずりだけが聞こえます。

201906131
翌朝6時前に外に出て、境内を回りました。
宿泊客もこの時間は外に出ず、ここに到着するには長い時間を要するため、広い境内にいるのは本当に私一人だけ!

晴れていて空気も清々しく、幸福な時間でした。この時間に境内を歩けるなんて、宿泊の参拝ならでは。

とても景色の良い、早朝の遥拝殿からの風景。


20190613

奥宮も行きたかったのですが、1時間半も登山をしなければならないということで、今回は諦めました…

下の写真は、宿坊の夕飯と朝食です。夕飯はこれプラスご飯とお味噌汁で、かなりの量。
広間で食べるのですが、お一人様の女性が多かったです。

やはり自然のパワーは素晴らしい! 三峯神社へ行かれる方は宿坊に泊まり、早朝からパワーを充電してはいかがでしょうか?

201906133

201906141

| |

2019年6月12日

嘘は必ずバレる時代

とある方から、メールをいただきました。

その方は、数年前にある占い師さんのタロット講座に参加されたとのこと。そしてその講座内で、私が考案して著書に掲載しているいくつかのスプレッドを、その占い師さん自身が考案したものであると言って、生徒さん達に教えている…というご報告でした。

その占い師さんのお名前なども、教えていただきました。

前も少し書きましたが、私自身が作成したスプレッドは、できるだけ多くの人に使っていただきたいと考えています。
そのため何かで使用する際に、特に私が考案したということを書いたり伝えたりしていただかなくても良いと考えています。

はっきりとした証拠もありませんし、その方に連絡するつもりもありません。
しかし自分が作っていないのに、自分が作ったと吹聴しているとしたら…それは、いかがなものでしょうか?

スプレッドに限らずどの業界のどんなことでもそうですが 、嘘をついたり何かをごまかしたりして生きていくことは、ご本人が一番辛いのではないかと思います。

このご時世、嘘は必ずバレて、結局は自分の身に降りかかることになるでしょう。
私自身も嘘をついたりごまかしたりすることなく、できるだけ正直に生きていきたいと思います。

| |

2019年6月11日

燦伍さんでの占い師ランチ会

20190611

3月末に引き続き、越智馨子さん主催による、麻布十番・占いバー「燦伍」さんでの、占い師ランチ会が行われました。

今回のメンバーは、写真左から燦伍オーナーの千田歌秋さん、私、央葉(なかば)もつこさん、東風(こち)さん、月野真珠星(すぴか)さん、金庫未來(かねこみき)さん、幸月シモンさん、越智馨子さん、写真を撮影してくれた羽島光高さん。

そして今回のメニューは、「双子座の献立」。

前菜は「たこきゅう わさびジュレ」「豆もやしと豆苗のサラダ」「ディル風味オムレツ」

20190611_2

メインの「ラビゴットソースのチキン」「ハーブライス」「セロリと豆腐のスープ」。デザートは「蜂蜜レモンケーキ」でした。

20190611_1

どれも美味しくてボリュームがあり、お腹いっぱいで大満足!

主に占い業界のことなどを話したような…あっという間の2時間半。
その後は近くのカフェで、引き続き皆様とお茶。頑張っている皆様のお話を聞いて、元気をいただきました。
今回も素敵なご縁を、有難うございました!

| |

2019年6月 8日

自己流の瞑想

年末に参加したワークショップで、瞑想をすると運気が上がるというお話を聞きました。それから約半年間ほどほぼ毎日、約5分間という短時間ですが、瞑想するようにしています。

瞑想のやり方は、少しネットで調べた程度で、ほぼオリジナル。
5秒間息を吸い、4秒間ほど息を止め、8秒間ほどかけて息を吐く…ということを繰り返しています。
この間は呼吸だけに集中して、頭の中から一切の雑念を払うようにします。

極端に運気が良くなったという感じはありませんが、気持ちの上ではかなりプラスになっていると感じます。
例えばイライラすることや怒りを感じることが減ったり、すぐに気持ちを切り替えられたりするようになりました。

私の場合は息を吸うときに、宇宙を漂っているイメージや高次元の存在とつながっているイメージを意識してした方が良い感じがするので、そうしています。

その瞬間は、自分が死んで長い年月が経過したら、このようにただ宇宙を漂う存在になるのだろう…と感じます。何も考えることなく、ただ漂って幸福感を味わっている状態です。

そうした感覚を味わい続けているうちに、日頃起きる物事が大変なことに見えたとしても、実は全てがそれほど大したことではないのだ…と、俯瞰的に見られるようになってきました。
そのために、気持ちを乱すことが減ったのでしょう。

あくまでも自己流のやり方なので、 「フォーチュン・パートナーズ」代表のジョフィさんの瞑想セミナーに参加する予定です。
ご興味のある方は、ぜひ一緒にいかがですか?

 

| |

2019年6月 2日

総国民の知力の低下

10代の頃はそれほど本を読む方ではありませんでしたが、自宅にある小説を読むと、大変字が小さい上に難しい漢字が多く、それもほとんどルビが振られていませんでした。
ですから、読めない字は内容から推測するか、いちいち辞書を引いて調べる…という状態でした。

例えば「苛々する」という言葉が何度も出てきて、はじめは読めませんでしたが、何度か目にするうちに、文脈から「イライラする」だな…と分かったものです。
小説を読みながら、リアルに漢字の勉強ができていました。

しかし、最近の本は文字が大きくなった上に、難しい漢字はほとんど使われず、易しい漢字もひらがなになっていることが多いようです。
例えば「中」「方へ」 「例えば」などは理由は知りませんが、ひらがなに変えられます。

特にインターネットが普及してから人々は本を読まなくなり、難しい漢字が多く文章がぎっしりとある本は、売れなくなっているそうです。

ブログなども、難しい言葉が多くて長いものは、内容が濃くても人気が出にくいようです。ひらがながたくさん使われていて、ボン、ボン!と大きな文字が踊っているような大変分かりやすいブログが、人気を集めていることが分かります。

スマホが普及してから、最近の若者はパソコンすらも打てなくなり、スマホでも音声認識ができますから、文字を使う機会が更に減っているようです。

日本総国民の知力の低下を促す、という壮大な計画が、全国的に行われているようにも感じられます。

| |

« 2019年5月 | トップ | 2019年7月 »