2019年4月月18日

新潟へ行ってきました

20190417

201904183

かなり久しぶりに、新潟県へ行ってきました。
新潟県は亡き父の故郷なので、ご先祖様の地として親しみがあります。

写真のように、ちょうど桜が満開!美しく散っている桜の木もたくさんあって、優雅でした。

行ったのは、白山(はくさん)神社弥彦神社
そして新潟に住む古くからの友人に、数年ぶりに会うことができました。

観光地で強く印象に残った場所は、弥彦山にある弥彦神社の奥の宮(おくのみや)です。
1人でロープウェイに乗って、弥彦山の山頂へ。奥の宮があるのか、ちょっと行ってみよう…と思ったら、700メートル先!

201904188
そこからも上り坂で、ほとんど登山の状態で、久しぶりにかなりの運動になりました…
奥の宮は本当に高い位置にあり、青く澄んだ日本海がよく見えました!風も爽やかで、とても素晴らしい景色でした。

201904186

201904184
登ってきた山道を下り、すぐに帰りのロープウェイに乗りました。お客さんは私だけで、貸し切り状態です。
それなのに、案内の若い女の子が2人も乗ってきて…1人は研修生のようでした。

「右の方に、洋食器で有名な、燕市が見えます…」というアナウンス。

2019041811
燕市は、父親の出身地です。ここは、私のご先祖様の地。戦争で親せきは皆亡くなり、お墓もないそうです。
このロープウェイに乗ったのは2度目ですが、前に乗ったときには、まだ父は生きていました。
今はもう、いません。

時間は確実に状況を変えながら、着実に流れているなあ…
次第に残り少なくなってくる人生の中で、あとどれだけの思い出を作ることができるんだろう。
そう考えると、涙がポロポロ出てきました。

…が、研修の女の子の説明が混乱し始め、「あれ?間違えちゃったー、わかんない」とか笑って言うので、私も笑って「どんどん練習してくださいー」と言って、3人でケラケラ笑い合い。
泣きながら笑ってしまったという、可笑しな状況でした。

| |

2019年4月月16日

ことりグッズの店

少し久しぶりに、本の執筆に入っています。
そのため、しばらくの間はあまり出かけられず…
少し大変そうですが、地道にコツコツ頑張りたいと思います!

その打ち合わせが、錦糸町でありました。
JR錦糸町駅の南口を出て左に行くとすぐに、珍しくことりグッズをたくさん置いている雑貨屋さんがあります。
錦糸町に行くと、つい覗いてしまいます。品揃えがますます豊富になっていて感激😃

写真のコースターとキーホルダーを購入しました💕

20190416

| |

2019年4月月 5日

仙台へ行ってきました

20190404

2年ぶりに、仙台へ行ってきました。
楽天イーグルスの本拠地の球場に来たのは、今回で4回め。既に9年目の応援に入っているのに、意外に来た回数が少ない…。しかし勝率は3勝1分けで、この球場では負け知らずです。今回も素晴らしい試合を堪能しました。
この2日前は、ここでの試合中にかなりの雪が降っていたのが、ちょっと信じられなかったです。この日は風は冷たいものの、日差しは温かかったです。

201904041
そして、鹽竈(しおがま)神社と大崎八幡宮に参拝するという、前回来た時と全く同じコース。

201904051
201904052
鹽竈神社のこの長くて急な階段は、運動不足の身としては、かなりしんどかった…。それだけ境内が高い位置にあり、空気が澄んでいるということですね。
梅が満開で、桜はまだつぼみでした。
春は桜前線を追って、北に旅行する…なんていいなあ、と思いました。

201904042
大崎八幡宮に来た一番の目的は、このお守りを買うこと!
2年前に買ったときに、かなり野球にご利益があるなあ…と思ったんですよね。
今年も良い成績を上げて欲しいなあと思います。

| |

2019年3月月30日

「ちえの樹」の鑑定会、有難うございました



20190330_2

今日は、説話社フォーチューンルーム116「ちえの樹」さんでの鑑定会でした。
お越しいただきました皆様、本当に有難うございました!今回も、充実した時間を過ごさせていただき、感謝しています。

20190330 ちえの樹さんでの鑑定会がスタートしたのは、確か2015年。それから年2回続けさせていただいているので、今回で9回目ということになりますね。

今回はキャンセル待ちも数人いらっしゃったそうで、回を重ねるごとにリピーターさんも増えて、嬉しく思っています。
また次回の鑑定も、宜しくお願い致します。

いつものように、ちえの樹さんの受付のところで記念撮影。

今回のセルフジェルネイルは、写真だと色合いが少し違っていますが、濃い赤紫色の服に合わせて、ボルドーです。
しかし厚いシールが浮き気味で…鑑定中にパーツも1つ取れてしまいました💧

20190329_1

 

 

 

 

 

 

そして、もう一つ…

「バード・シルエット・タロット」の出版でお世話になったヴィジョナリーカンパニー社長の大塚さんが、新刊のご著書を贈ってくださいました。
タイトルは、「日本の神様図鑑」(新星出版社)。

20190329_2


これが、とても良い本です!さまざまな神様の説明が掲載されているだけではなく、「古事記」の内容が分かりやすく要約されています。
そして、私が最も興味深く感じたのが、祝詞についての説明です。大祓詞の意味についても説明されているので、これを読むと、ますます心を込めて唱えることができそうです。

神様の本、というと、どの神社へ行けばどんなご利益があるか…という内容ばかりになりがちですが、神様との付き合いについて、もっと深さを感じさせる内容です。
「神様の世界は『何かをしたら、何かを得られる』といった単純な世界観ではないはずです」という記述に、そうだよね~と思いました。

テレビでもそうなんですが、ご利益ご利益と煽り、「神様を、自分に都合よく利用しよう!」というスタンスがはびこっているのですよね。

| |

2019年3月月27日

燦伍さんでの占い師ランチ会でした

201903261


昨日は越智馨子さん主催による、麻布十番・占いバー「燦伍」さんでの、占い師ランチ会でした。
占い師ばかり8名が集い、お話は盛り上がり続け、あっという間の3時間!

写真左から、魔女☆Maison代表の美紗樹さん、月影ひびきさん、東風(こち)さん、燦伍オーナーの千田歌秋さん、私、アカデメイア校長の森信彰雄さん、幸月シモンさん、今回主催の越智馨子さん。

コース料理は、牡羊座をイメージしたものだそう。前菜はピリ辛なソースでした。春らしく、タケノコも使われていて…。そしてデザートは、ドラゴンフルーツのシャーベット。
他を撮り忘れてしまいましたが、どれもとても美味しかったです。


201903262


201903264


燦伍さんではいつも、良いご縁がたくさんできて嬉しいです。
今回も楽しい時間を、有難うございました!

| |

2019年3月月22日

占い雑誌「My Calender」創刊

Myc


本日、説話社から占い雑誌「My Calender(マイ・カレンダー)」が創刊になりました。
そして巻末記事の「2019春の運勢レター」の中で、天秤座の人に向けたメッセージを寄稿させていただいています。

貴重な占い雑誌の創刊号に携われたことを、とても嬉しく思っています。
表紙もとても素敵!💕内容も盛りだくさん!ぜひ書店で手に取ってみてくださいね。

20190322
さて…新しくなったココログは、未だにすっごく使いにくいです。
写真サイズの変更が大変で、リニューアルしたのになぜか?絵文字もしょぼくなってしまいました。

そうした中、今日は熱意のある方々との、新しいお仕事の打ち合わせでした。
この春はちょっと忙しくなりそうですが…頑張ります!


| |

2019年3月月20日

著書「らくらくタロット入門」2冊同時に重版

昨日から、ココログのシステムリニューアルのメンテが続いていました。
数時間で終わる予定が1日半もかかっていて、今も多くの人がログインできない不安定な状態が続いている様子。
…ということで、新しくなった慣れない管理画面で書いていますが、ちゃんと更新できるかどうか。

20090105


そうした中で、嬉しいご連絡がありました。
説話社「はじめての人のためのらくらくタロット入門」と、「続はじめての人のためのらくらくタロット入門」が、2冊同時に重版となり、共に12刷となったそうです!

1冊目が出たのが2008年、2冊目が2009年なので、10年以上経っています。
長く売れ続けていることを、本当に有難く思っています。
お買い上げくださいました皆様、本当に有難うございます。
そして今後とも引き続き、宜しくお願い致します。

| |

2019年3月月17日

ハングル語講座

まずは、ブログについてのお知らせです。

3月19日にシステムの全面リニューアルが行われるとのこと。それによって投稿などは便利になる(はず)ですが、ガラケーからのブログの閲覧ができなくなってしまうそうです。

今でも3%程度の方はガラケーからご覧になっているようで…。今後は読めなくなってしまい、大変申し訳ありません。今後はパソコンなどからご覧いただけると幸いです。

何卒、宜しくお願い致します。

    

さて…ハングル語の勉強を緩く始めてから、早くも1年近くが経過しようとしています。
その割にはなかなか覚えず、日常会話なんてまだまだ…本当に難しい

月2回の教室に通っているほか、NHK Eテレ「テレビでハングル講座」 を録画して、毎週観て勉強していました。
この番組は1年単位で終了するので、この3月で昨年からの回が終わってしまうのですね…。パフィーの大貫亜美さんが生徒役で、亜美さんの温かい人柄やユーモラスな面が分かった番組でした。全部で45回以上観ていて、ユーモアがあり毎回楽しかったので、もう観られないんだと思うと、寂しさがありますね

4月からは別の出演者で、また初歩から始まるのですね。復習を兼ねて、また観たいと思います。

Hangulこの番組では、日本語を話せる韓国の若い芸能人の女性ベックさん、男性ソン・シギョンさんが、毎回スキットVTRに出ていました。
左の写真が、ソン・シギョンさん。

先日が、このお二人の最後の出演でした。最後の挨拶のときにソン・シギョンさんが日本語で、

「私は、日本が好きです。韓国が好きですか?どうか、韓国を好きでいてください」

…と、うろ覚えですが、そういうことを言ったんですね。
爽やかに笑顔で言ったのですが、このご時世で重い言葉だな…と感じて、ジーンとしました。
それ以外にも、「言葉が分かることで、壁がなくなる」ということも言っていたような。

特に韓国が好きだった訳でも、行ったことすらもまだありませんが、何気なくハングル語の勉強を始めて、韓国が身近に感じられるようになりました。

저는 한국과 일본이 사이 좋게 될 것을 바라고 있어요!

私は、韓国と日本が隣国として仲良くなることを、心から願っています。

| |

2019年3月月15日

高千穂へ行ってきました

宮崎県の高千穂へ行ってきました。2010年に初めて行ってから9年ぶりです。
高千穂は日本神話の舞台であり、神の地として街全体がパワースポットになっています。
9年前に来たあと、しばらくの間ラッキーな状態が続いた…という、驚きの経験をしました。やっとまた来られたなあ…という感じです。

201903131

大きな杉の木がたくさんある、高千穂神社。2本並んだ夫婦杉があり、主に縁結びのご利益があるそうです。
この神社では毎晩20時から1時間、神楽を見ることができます。主に、岩戸に隠れた天照大御神にまつわるお話でした。
フラッシュをたかなければ、撮影もできます。

Kagura

20190314

それ以外に、上の写真の高天原遥拝所天岩戸神社天安河原(あまのやすかわら)、天真名井(あまのまない)、夜泣き石を見に行きました。
時間があれば、まだ他にも寄りたいスポットがたくさんありました。

201903155
ところどころに、写真のような神話に関するオブジェや石像があり、街全体が神様のムードにあふれています。そしてすれ違う中学生や高校生が、挨拶をしてくれます。

でも9年前に比べると、残念ながら活気はなくなっているかな…と感じました。新しい大きなホテルはできていましたが、それ以外は変わることなく、そのまま古くなっている感じです。壊れているオブジェも、そのまま放置されていたり。
空港から高速バスで2時間という交通の便の悪さが原因だと思いますが。

それでも静かな分、美しい自然を堪能し、とてものんびりリラックスして過ごすことができました。

帰りは羽田に着いた瞬間、せわしい気分になり…。人が多く、皆せかせか歩いていて。
自然の中でゆったり過ごすと、多くの細かい情報って、実は生きる上でそんなに必要じゃないよね…ということを実感します。

| |

2019年3月月 6日

HAPPYフェスの体験レポート

Happy

かなり前の話になりますが、2月22日にエルアウラさん主催の「HAPPYフェス」を観覧してきました。

その体験レポートを、TRINITY WEB にアップしていただいています。
タイトルは、「大人気脚本家が実践する、財布で金運をアップさせる方法とは!」

色々な人のお話を伺った中で、脚本家・中園ミホさんのお話が特に印象に残ったので、記事にさせていただきました。
金運アップの秘訣が書かれていますので、ぜひお読みになってくださいませ。

中園さんは周りのお金持ちの人の財布を、こっそりチェックしているそうです。
すると、既に安定している人は二つ折りの黒色の財布を、そしてこれから金銭状況が伸びていく人は、二つ折りの緑色の財布を持っていることが多かったそうです。

私は長らく、金運が上がると言われている長財布を使っているのですが、このお話を聞いて、二つ折りの財布に買い替えよう!と決意したのでした。

フェスのとき、たまたま隣の席に座った、遠方からいらした若い女性と、休憩時間に色々と話していました。
そして、お財布を見せてくれたら…何と、二つ折りの緑色のお財布でした!ブランドはセリーヌだったかな。中園さんのお話を聞いて、内心でガッツポーズしていたとか。
この女性のホロスコープも見せていただいたのですが…金運が良い星回りでした。

この出来事で、ますます中園さんのお財布のお話に、信ぴょう性を感じることができたのでした。

| |